エスプレッソを知る

カフェラテ、カプチーノ…エスプレッソメニューの違い

違いを知ってカフェメニューを楽しみましょう

イタリア発祥のエスプレッソをベースにしたカフェラテ、カプチーノ、マキアート。マシンでスチームしたミルクを注ぎます。牛乳の割合やスチームミルクとフォームドミルクの割合の違いで呼び分けています。

カフェラテとカプチーノ

カフェラテとカプチーノは牛乳の量は同じです。スチームミルクの空気の入れ方と攪拌の違いによるフォームドミルクの量に違いがあります。空気が少なめなスチームミルクで作るのがカフェラテで、多めなのがカプチーノ。
口当たりが滑らかなカフェラテ、飲み口がふんわり柔らかなカプチーノです。

マキアート

イタリア語で「染みをつける」という意味で、エスプレッソに少量のスチームミルクを注いで染みをつけたようにしたものです。デミタスカップで量も少なめなので出勤前や食後の一杯におすすめ。

カフェモカ

アメリカでカフェラテから発展したアレンジレシピ。チョコレートソースを加えてエスプレッソの苦味と甘みがマッチしたものです。

カフェ・オレ

カフェはコーヒー。ラテ(イタリア語)もオレ(フランス語)も牛乳のこと。カフェオレはフランス発祥でドリップで淹れたコーヒーがベース。スチーミングしない温めた牛乳を注ぎます。カフェラテとカフェオレは似た飲み物に思われがちですが違う飲み物なんです。

マキアート
マキアート
カフェラテ
カフェラテ
カフェモカ
カフェモカ

イタリアンスタイル(基本はエスプレッソ)

エスプレッソイタリア人は日々カッフェ(=エスプレッソ)を楽しみます。
街のあちらこちらにあるバール(エスプレッソやお酒、軽食がある立ち飲みのお店)は、人々の社交場であり日常の一部で、朝はカプチーノ、昼はエスプレッソをきゅっとひっかけ、また仕事に戻るのです。
食後に砂糖たっぷりのエスプレッソは、最高のデザートになります。
最近では、ラテアートをするバリスタも増えています。

シアトルスタイル(基本はカフェラテ、豊かなバリエーション)

カフェラテシアトルではイタリア系の移民が多く、彼らがエスプレッソをアメリカワシントン州シアトルに紹介したのが始まり。
氷点下にもなる寒いシアトルでは、ミルクたっぷりのあたたかいカフェラテが好まれます。
特徴はバリエーションが豊富なこと。カップのサイズ、エスプレッソやミルクの量、多種のフレーバー、トッピング(ココア、シナモン、ホイップクリームなど)。ピッチャーのみでラテアートを描くフリーポアはシアトル発祥。各所で大会が行われ、日本人が数多く活躍しています。

エスプレッソのアレンジメニュー

エスプレッソ ソロ
エスプレッソの基本。7gの豆で抽出

エスプレッソ ドッピオ
ダブルとも。ソロの2倍の豆と湯量で抽出

リストレット
抽出される最初の濃い部分のみ楽しみます

カプチーノ
フォームドミルクが多い。デザインアートはこちらが主流

カフェラテ
スチームドミルクが多い。フリーポアはこちらが主流

カフェモカ
エスプレッソにチョコソースとスチームドミルクを

アメリカーノ
エスプレッソの旨味そのままにブラックで楽しめる

マキアート
マキアート(染みのついた)様から名づけられた

コンパンナ
ホイップクリームを乗せたデザート的メニュー

アフォガード
バニラアイスやジェラートにエスプレッソを注いだ大人スイーツ

カフェコレット
温かいエスプレッソにアルコールをいれたカクテル

カフェオレ
深煎りのレギュラーコーヒーにスチームドミルクを

ご検討中のお客様へ。ご相談/お問い合わせ - 商品選びのご相談は、お気軽にお問い合わせください。 Tel: 0743-63-1070 / お問い合わせフォームからはリンク先。
関連記事