コーヒーのレシピ

エスプレッソ

エスプレッソの基本の淹れ方。ソロやドッピオ、シングルとダブル、リストレット、ルンゴって?淹れ方の違いもご紹介。

「カフェ」はイタリア語で「コーヒー」の意味。本場イタリアでは「カフェ」と注文するとエスプレッソが出されます。たっぷり入れた砂糖(グラニュー糖)はあまり混ぜすぎず、底に沈んだ後を楽しむように、2~3口でぐいっと飲み干すのがイタリア流。
きめ細かなクレマと濃厚なエスプレッソの香り、飲んだ後の余韻を楽しみます。
普通に抽出したものを「ソロ」や「シングル」とも言います。

材料

エスプレッソ豆 約7~8g
お湯 30cc
砂糖 適量

作り方

1.エスプレッソマシンで極細挽き(エスプレッソ挽き)の豆をセットし、20~30秒ほどで約30ccの量を抽出します。
2.抽出中の色、抽出時間と量を見ながら最適なクレマのエスプレッソ抽出を目指します。ラテ、モカのベースになります。
3.3~5gのたっぷりの砂糖を入れます。砂糖は軽く混ぜても混ぜなくてもお好みで。

動画で見る エスプレッソマシンで本格的なエスプレッソの淹れ方

プラスアイデア

  • 抽出具合を変えれば、別メニューに!
  • たっぷりの砂糖を入れてお楽しみください。

リストレット(コルト)

エスプレッソ豆 7~8g(ソロと同じ)
お湯 15~20cc

お湯は少なめに10~15秒で抽出。うま味がぎゅっと凝縮され、パンチの効いた濃い味に。
「リストレット」はイタリア語で「狭い」、「コルト」は「短い」の意味。

ドッピオ(ダブル)

エスプレッソ豆 14~16g
お湯 50~60cc

エスプレッソ豆とお湯をソロの2倍で淹れたもの。ソロに比べ飲みごたえがあります。「ダブル」とも言います。

ルンゴ

エスプレッソ豆 7~8g(ソロと同じ)
お湯 40~50cc

「ルンゴ」はイタリア語で「長い」の意味。お湯を多めに抽出するので、やや薄い感じ。雑味が出るため、抽出を長くしすぎないよう注意してください。

動画で見る

【必見】プロのバリスタが「ルンゴ」をオススメしない理由とは(アメリカーノ VS ルンゴ)

コンパンナ・ロマーノ・コレット

エスプレッソのメニューは多種多様。他にはこんなものも。
コンパンナ エスプレッソにホイップクリームをのせて。
カフェ ロマーノ エスプレッソにレモンの風味をつけて、さっぱりと。
カフェコレット 少量のお酒(通常はグラッパ)をいれて味わいます。

使った商品

動画で見る

エスプレッソに使用するコーヒー豆の選び方とは

フレーバーシロップを選ぶには?

ラテ、モカ、スチーマー、ティーなど、アレンジドリンクには、いまやかかせないフレーバーシロップ。
ベースのドリンクに注ぐだけの簡単オペレーションで、オリジナリティー溢れるメニューが広がります。

何を選べばいいの?
どこで買えばいいの?
そんな方向けに、フレーバーシロップの選び方、おすすめシロップをご紹介しています。フレーバシロップの選び方はこちら>>

当店で、お好みのシロップがきっと見つかります!

ダイイチF&Lで購入する利点
  • シロップトップメーカー【ダヴィンチ・トラーニ・1883】の全種類のシロップを取り扱っています。
  • 販売しているシロップは約150種類!
  • シロップ毎の商品ページに参考レシピを掲載。
  • 同一メーカーでまとめ買い「選べるセット」がお得。
  • トッピングにチョコソースなども一緒に購入できます。

フレーバーシロップのご購入はこちら>>

ヒントになるレシピ随時追加しています↓

レシピページはこちら>>

関連記事