コーヒーのレシピ

カフェオレ

レギュラーコーヒーに泡立てない温めた牛乳を注ぎます。ドリップコーヒー定番の「カフェオレ」のレシピ。コーヒー豆は深煎りがおすすめです。

フランスでは伝統的に朝食時に出されていた飲み物です。カフェオレを、カップでなくカフェオレボール(大き目のお茶碗のよなもの)に入れて飲まれることも多いです。このボールは大きく口が開いているので、菓子パンやクロワッサンなどを浸して食べるのに便利です。

材料

ドリップコーヒー 80~100cc
牛乳 50cc~80cc
※牛乳は豆乳・ココナッツミルク・アーモンドミルクでもOK

作り方

1.ペーパフィルターをドリッパーにセットし、挽いた豆をいれ揺らし表面を平らにしておきます。
2.ドリッパーをサーバーにセットしお湯を注ぎ蒸らします。
3.さらにお湯をゆっくり注ぎます。
4.入れる人数分によりお湯の量、抽出時間が変わります。
5.コーヒーをカップに注ぎ、温めた牛乳を注ぎます。
6.カフェオレの完成。
  • コーヒーの量と牛乳の割合はお好みで。
  • 牛乳はスチーミングして空気を入れたミルクではなく、鍋で温めたりレンチンします。温めすぎないように注意します。
  • 牛乳の代わりに豆乳を温めてヘルシーな豆乳オレもおすすめ。

プラスアイデア

フレーバーカフェオレ

  • フレーバーシロップでカフェメニューが広がります。
  • フレーバーシロップを2種類以上使用するときは、分量を半分ずつにします。
  • シロップを牛乳の上から注ぐと、さらに香りが引き立ちます。

バニラ カフェオレ

ドリップコーヒー 80cc
牛乳 100cc
バニラシロップ 15cc
ホイップクリーム 適量

カップにコーヒー、牛乳、シロップを注ぎ、ホイップクリームをトッピングします。

使った商品

フレーバーシロップを選ぶには?

ラテ、モカ、スチーマー、ティーなど、アレンジドリンクには、いまやかかせないフレーバーシロップ。
ベースのドリンクに注ぐだけの簡単オペレーションで、オリジナリティー溢れるメニューが広がります。

何を選べばいいの?
どこで買えばいいの?
そんな方向けに、フレーバーシロップの選び方、おすすめシロップをご紹介しています。フレーバシロップの選び方はこちら>>

当店で、お好みのシロップがきっと見つかります!

ダイイチF&Lで購入する利点
  • シロップトップメーカー【ダヴィンチ・トラーニ・1883】の全種類のシロップを取り扱っています。
  • 販売しているシロップは約150種類!
  • シロップ毎の商品ページに参考レシピを掲載。
  • 同一メーカーでまとめ買い「選べるセット」がお得。
  • トッピングにチョコソースなども一緒に購入できます。

フレーバーシロップのご購入はこちら>>

ヒントになるレシピ随時追加しています↓

レシピページはこちら>>

関連記事