ホットドリンクのレシピ

ほうじ茶モカ

京都のお茶屋さんの「ほうじ茶パウダー」で、贅沢な和カフェメニュー「ほうじ茶モカ」のレシピ。エスプレッソマシンでの作り方。

弊社で隠れたベストセラーとなっている、ラテ用抹茶とほうじ茶のパウダー。昔ながらの製法で作り続ける、京都・芳香園とのコラボにより生まれました。

「ほうじ茶パウダー」を使用しチョコレートと合わせた、ほうじ茶モカのレシピです。簡単だけど、非常に美味しいので是非お試しください!

材料

ほうじ茶パウダー 3g(茶さじ2杯)
チョコレートソース 約15cc
(トッピング用を除く)
ミルク 計210~230cc

作り方

1.ミルクピッチャーに「ほうじ茶パウダー」を入れます。

2.ミルク60ccを入れます。
3.チョコレートソースを入れます。

4.材料ごとスチーミングして混ぜます。
5.ティーストレーナーで濾します。

6.別のミルクピッチャーで、150~170ccのミルクを65℃くらいまでスチーミングします。

7.カップに注ぎます。
8.チョコレートソースで仕上げます。

9.ラテペンなどでさらに描きます。
ご注意 [*洗浄について ]
  • ほうじ茶をミルクと一緒にスチーミングした場合、ノズル内を清潔に保ち目づまりを防ぐため、スチームノズルの内部洗浄が必要です。洗浄が不十分だと、粉末がノズル内部に残り、スチームが使えなくなるという故障につながる場合があります!
  • 水を入れたピッチャーにノズルを入れ数回スチームし、内部を洗浄します。
  • 専用洗剤があれば、ふだんのミルク使用時にも便利。洗剤の購入内部洗浄の方法は「MIRAC(ミラク) ミルクラインクリーナー」をご覧ください。

動画で見る ほうじ茶モカの作り方

【ほうじ茶モカ】元スタバ店員が教えるカフェの簡単アレンジドリンク!(レシピNo.1)

【訂正事項】
本編でほうじ茶パウダーも、抹茶同様に石臼で挽いていると言及しておりましたが、抹茶用の石臼部屋は香りを混じらせないよう徹底管理されているため、ほうじ茶パウダーは別部屋において専用機器を使用して挽いています。(石臼挽きではない)
以上、訂正させていただきます。

材料ごとスチーミングするときはピッチャーを傾け、スチームは全開にせず攪拌するようにして下さい。

使った商品

フレーバーシロップを選ぶには?

ラテ、モカ、スチーマー、ティーなど、アレンジドリンクには、いまやかかせないフレーバーシロップ。
ベースのドリンクに注ぐだけの簡単オペレーションで、オリジナリティー溢れるメニューが広がります。

何を選べばいいの?
どこで買えばいいの?
そんな方向けに、フレーバーシロップの選び方、おすすめシロップをご紹介しています。フレーバシロップの選び方はこちら>>

当店で、お好みのシロップがきっと見つかります!

ダイイチF&Lで購入する利点
  • シロップトップメーカー【ダヴィンチ・トラーニ・1883】の全種類のシロップを取り扱っています。
  • 販売しているシロップは約150種類!
  • シロップ毎の商品ページに参考レシピを掲載。
  • 同一メーカーでまとめ買い「選べるセット」がお得。
  • トッピングにチョコソースなども一緒に購入できます。

フレーバーシロップのご購入はこちら>>

ヒントになるレシピ随時追加しています↓

レシピページはこちら>>

関連記事