コーヒーのレシピ

夏定番!おいしいアイスコーヒーの作り方

濃いめに抽出したコーヒーを、氷で一気に冷やして飲む夏場定番のドリンク「アイスコーヒー」の作り方。

ホットコーヒー同様、アイスもこだわって作ると美味しさがぐ~んとUP。豆にもこだわって、風味豊かで爽やかな苦みがおいしいアイスコーヒーを作ってみましょう!

ペーパードリップによるアイスコーヒーの作り方。ポイントは、豆の量とお湯の量、冷やし方。

材料

コーヒー豆 20g
お湯 150cc
適量
アイスドリンクシュガー 適量

ドリップコーヒーの詳しい淹れ方はこちら>>ドリップ式コーヒーの淹れ方とコツ

  • 豆はホットより深焙煎で挽き目は細挽きで。
  • 豆の量はホットより多めで、お湯の量はやや少なめで、濃いめに抽出します。

準備するもの

ドリッパー、サーバー、ペーパーフィルター、スケール、ケトル、マドラー、氷

アイスコーヒー 作り方①

1.ペーパーリンスし、サーバーのお湯は捨てておきます。
2.サーバーに氷を入れます。
3.挽いた豆をドリッパーにセット。
4.お湯を注ぎます(1投目)。
5.30秒ほど蒸らします。
6.お湯を注ぎます(2~3投目)。
7.ドリッパーをかき混ぜ均一の濃度・温度(常温ぐらい)にします。
8.グラスに氷を入れます。
9.コーヒーをグラスに注ぎます。サーバーの氷はグラスに入れないようにします。
10.軽くかき混ぜます。

11.コツをつかめば簡単step。こだわって美味しいアイスコーヒーを。
 
  • 豆量:湯量=1:7.5がベスト。室温が高い場合、氷の薄まる事を考慮し1:7で濃い目にしても。提供状況に応じて調整してください。
  • 人数分のコーヒーが抽出できたら、お湯が残っていてもドリッパーを外します。最後まで抽出すると雑味がでて美味しくなくなります。
  • 豆は深焙煎がしっかりとした苦味と味わいが感じられます。
  • 使用する豆の焙煎は、一般的に深煎りがおすすめですが、最近では、酸味が強くでる浅煎の豆で、後味がさっぱりするアイスコーヒーも好まれています。
  • 浅煎りの場合、1投目の後の蒸らし時間は、少し長め(約40~50秒)にします。

ペーパーリンス(ステップ1)とは、

  • 紙のにおいを取るため、
  • ペーパーをドリッパーに密着させるため
  • サーバーとドリッパーを温めるために、事前にしておきます。

アイスコーヒー 作り方②

1.レギュラーコーヒーをホットよりも濃く抽出します。
2.グラスにいっぱい氷をいれ、熱いうちに一気に注ぎます。
3.砂糖やフレーバーシロップを入れてお楽しみください♪

時間のある場合は飲みたい分量を抽出し、サーバーごと一気に氷で冷やす、または常温になるまで冷やしてから冷蔵庫で冷やす方法もあります。
どちらも加水されないので薄まらずいただけます。

プラスアイデア

  • フレーバーシロップでカフェメニューが広がります。
  • フレーバーシロップを2種類以上使用するときは、分量を半分ずつにします。

ヘーゼルナッツ·アイスコーヒー

ドリップコーヒー(上記レシピ) 180cc
ヘーゼルナッツシロップ 15cc
60~90cc

マイルドなコクのあるナッツフレーバーはコーヒーにぴったり。

使った商品

やまのべ焙煎所の豆は、厳選のスペシャルティコーヒー豆を使用。こだわりのブレンドで丁寧に自家焙煎しているのでイチオシです!
https://daiichico.com/recipe/recipe-cold-drink/iceteasoda/

フレーバーシロップを選ぶには?

ラテ、モカ、スチーマー、ティー、ソーダ、カクテルなど、アレンジドリンクに、今やかかせないフレーバーシロップ。
ベースのドリンクに注ぐだけの簡単オペレーションで、オリジナリティー溢れるメニューが広がります。

何を選べばいいの?
どう使うといいの?
そんな方向けに、フレーバーシロップの選び方、おすすめシロップを紹介しています。
フレーバーシロップの選び方>>

当店で、お好みのシロップがきっと見つかります!

ダイイチF&Lで購入する利点
  • シロップトップブランド「ダヴィンチ」「トラーニ」「1883」のほぼ全種類を取り扱っています。
  • 販売しているシロップは150種類以上!
  • 各シロップ商品ページに参考レシピを掲載。
  • まとめ買いでお得な「選べるシロップセット」商品。
  • アレンジにチョコソースなども一緒に購入可能。
コーヒーをはじめ、あらゆるドリンクの可能性を広げるフレーバーシロップ。バラエティに富んだレシピが楽します!!

フレーバーシロップのご購入>>

ヒントになるレシピ随時追加しています↓
関連記事