コーヒー器具を知る

プロのバリスタが教えるマキネッタの使い方

当記事はこんな方におすすめ

  • マキネッタの購入を考えてる人
  • おうちで本格的なコーヒーを飲みたい人
  • 手軽にカフェラテを楽しみたい人

当記事によって分かること

  • モカとエスプレッソの違い
  • マキネッタの基本的な使い方
  • マキネッタを使ったおいしいコーヒーの飲み方
教えてくれるプロバリスタはこちらの方々

植松大記(うえまつ だいき)

  • 大一電化社専属バリスタ
  • 徳島県出身。クラブハリエ、Mixologist、Mixology Bar Source 2102にて勤務経験あり。
  • 2017年アイリッシュウイスキー”JAMESON”主催大会(バーテンダー)国内優勝&世界大会準優勝(2位)
  • シロップメーカー”MONIN”主催大会(バリスタ)国内優勝&アジア大会優勝(1位)
  • BLENZ Free Pour Latte Art Competition 2012 準優勝 全国2位
  • SCAJ Japan Latte Art Championship 2012 関西A予選2位

白石知輝(しらいし かずき)

  • 大一電化社専属バリスタ
  • 愛知県生まれ。実家が喫茶店だったことによりコーヒーの世界へ。
  • SCAJ ジャパンラテアートチャンピオンシップ 2020年 ファイナリスト 全国4位

 

エスプレッソとの違い

マキネッタは直火式エスプレッソマシンの総称を指します。
本国イタリアではマキネッタで抽出されるコーヒーはモカと呼ばれ、エスプレッソと区別されています。

一番普及しているのがビアレッティ社のモカエキスプレスであることから
このような呼び方になったといわれています。

エスプレッソとどんな違いがあるのか一緒に見ていきましょう。
モカ エスプレッソ
抽出圧力 約1.5-2気圧(蒸気圧) 約6-10気圧
抽出温度 約100° 約85-96°
豆の挽き具合 細挽き~極細挽き 極細挽き
クレマの有無

※マキネッタの中でもビアレッティ社のブリッカという種類はクレマも再現できる。 

モカとエスプレッソの最大の違いは、抽出圧力
圧力が高いエスプレッソの方がより濃厚な味わいであると言えます。

電気式エスプレッソマシン用として販売されている極細挽きの中には、
細かすぎて目詰まりの原因になるものもありますので、ご注意ください。

 

マキネッタの基本的な使い方

  1. ボイラー(下部)に安全弁のすぐ下あたりまで水(orお湯)を入れる。
  2. コーヒー豆を細挽き~極細挽きで約12g用意する。
  3. 用意したコーヒー小粉をバスケットにセットし、レベリングする。
    ※レベリング:フィルター内にコーヒーの粉を行き渡らせる
  4. バスケットの淵についた粉をしっかり落とす。(吹きこぼれ防止)
  5. サーバー(上部)とボイラー(下部)をしっかり接続する。
  6. コンロにセットし、弱火にかける。
  7. しばらくすると、コーヒーがサーバー部分に抽出される。
    終盤空気だけがブクブク出てきたら火を止める。

サーバーとボイラーの接続が甘いと吹きこぼれが起きたり、蒸気が逃げてうまく抽出できないことがあるため、しっかり接続しましょう!

 

プロのバリスタおすすめの飲み方


本場イタリアでは砂糖を入れてそのまま飲むのが主流とされています。

コーヒーの苦みやコクをダイレクトに感じられる飲み方ですが、苦みが得意ではないという人にはアメリカーノとして飲むのがおすすめです!

アメリカーノはお湯もしくはお水で割ったものを指します.

植松バリスタがおすすめする割合は、
抽出したコーヒー:お湯(orお水)= 1:3

自分好みの割合を見つけてみてください!

 

マキネッタでラテアートはできるのか


前述でマキネッタで抽出するコーヒーは、エスプレッソとは別のものであると説明しました。

しかしマキネッタでも
エスプレッソでつくったカフェラテのようなラテアートをすることが可能です!

作り方

  1. マキネッタで抽出したコーヒーをマグカップに約30ml用意する。
  2. あらかじめ60°程度に温めておいたミルクをミルクフォーマーを使って泡立てる。
  3. カフェラテ同様、ミルクをカップに注ぐ。

一般的なカフェラテよりもコントラストが出にくい等の特徴がありますが、
ミルクのフォームさえキレイに仕上げることができれば、
おうちで楽しむ分には十分なレベルのラテアートが可能です。

味わいは、カフェラテと比べてマキネッタで淹れた方がミルク感が強くなります。

冒頭の動画の中で白石バリスタがマキネッタを使ったラテアートに挑戦していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください!

 

マキネッタのお手入れ方法

一般的にマキネッタは洗剤を使わず、水洗いが推奨されています。

そうすることでコーヒー豆の油分でマキネッタ全体をコーティングし、
マキネッタの金属臭を消す効果
があるそうです!

お手入れが簡単だからキャンプに持っていったり、
色んな使い方ができそうですね。

 

まとめ

マキネッタで抽出したものはエスプレッソとは異なるものです。

しかし水蒸気圧を使った抽出方法なので、
ドリップやフレンチプレスに比べて濃厚なコーヒーを淹れることができます。
カフェラテ風の簡単なラテアートも可能です◎

おうちで手軽に本格的なコーヒーを楽しみたい方は、
ぜひお試しください!

フレーバーシロップを選ぶには?

ラテ、モカ、スチーマー、ティーなど、アレンジドリンクには、いまやかかせないフレーバーシロップ。
ベースのドリンクに注ぐだけの簡単オペレーションで、オリジナリティー溢れるメニューが広がります。

何を選べばいいの?
どこで買えばいいの?
そんな方向けに、フレーバーシロップの選び方、おすすめシロップをご紹介しています。フレーバシロップの選び方はこちら>>

当店で、お好みのシロップがきっと見つかります!

ダイイチF&Lで購入する利点
  • シロップトップメーカー【ダヴィンチ・トラーニ・1883】の全種類のシロップを取り扱っています。
  • 販売しているシロップは約150種類!
  • シロップ毎の商品ページに参考レシピを掲載。
  • 同一メーカーでまとめ買い「選べるセット」がお得。
  • トッピングにチョコソースなども一緒に購入できます。

フレーバーシロップのご購入はこちら>>

ヒントになるレシピ随時追加しています↓

レシピページはこちら>>